疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

なぜ疲れるか

疲れというのは体のあちこちに発生します。
目が疲れたりだるさを感じたりと症状は様々です。
疲れというのは体が休みたいというサインを
出している証拠です。

寝過ぎても疲れたと感じるように、体を動かさなければ疲れないわけでもなく、
人間にとっては適度な運動は不可欠です。
しかし仕事などで休めない場合に過度に体に負担をかけると
負担の掛かった部分に疲れは発生します。

デスクワークなら目の疲れや肩こり、営業なら足の疲れなど、
使用する体の部分によって疲れる部分の違いが出てきます。
疲れたときは休むのが一番ですが、適度に休みが取れない場合は、
疲れた部分をマッサージしたり、適度に運動してリフレシュするのも良いことです。

疲れは体だけではなく心にも発生します。
体ではだるさや痛みと言った症状で表れてどこが疲れているか分かりますが、
心の疲れは人間関係のもつれなどから発生して、知らずに心をむしばみ行動に影響を与えます。
回復しなければうつ病などになってしまうので、心の疲れは注意が必要です。

カテゴリー : 疲れの種類と原因