疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

目の疲れ

目が疲れるということは誰でも経験することでしょう。
だいたいは一晩休めば目の疲れは治ってしまいます。
目の疲れは単なる疲れと病気からくる疲れの2種類があり、
またいくつかの要因が重なって表れることもあります。

症状としては目のかすみ、充血、しょぼしょぼする、
めまいや吐き気、頭痛や肩こりにも繋がる場合もあります。
疲れる原因としては一番多いのは目を酷使する場合です。
他にはドライアイや緑内障などの病気からくるもの、
ストレスなどの精神的なものが目を疲れさせることもあります。

またメガネやコンタクトが合っていないときも疲れてしまいます。
よく見えるメガネを使っているからといってメガネがあっているとは限らず、
ピントがあっていないメガネを使っている場合もあります。
メガネは定期的なチェックが必要です。

目を酷使して目が疲れれば視力も低下してしまいます。
疲れたときは一番良いのは休ませることですが、その他にも
目の周りをマッサージしてみたり、遠くを見てみたり、
目に温かいタオルを当ててみたりするのも、疲れを解消する方法です。

カテゴリー : 疲れの種類と原因