疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

肩こり

人は首で頭を支えているために普段から肩に負担が掛かり、
筋肉が緊張して血行が悪くなると肩こりを引き起こします。
血行不良で肩こりが引き起こされる場合や、
肩の筋肉や背骨の衰えで肩こりが起きる場合もあります。

肩こりには様々な原因がありますが、
目の疲れから、運動不足、ストレス、そして同じ姿勢で肩が凝る場合と、
この4つが大きな原因とされています。
低血圧や貧血なども肩こりになる場合があります。

肩こりになったら、市販の薬を使うのは一つの解決方法です。
その他にも肩をマッサージする、温めて血行を良くする、
肩の周りをストレッチで動かして血行を良くしてほぐす、
などの方法も肩こり解消になります。

正しい姿勢や普段の運動で肩の筋肉を鍛えることは肩こり予防になります。
肩こりでは普通は肩にのみ痛みが発生しますが、
頭痛やめまいや、手足のしびれがあるときは病院で見てもらった方がいいでしょう。

カテゴリー : 疲れの種類と原因