疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

頭痛

頭痛はこめかみがズキズキする、頭が締め付けられる
などの症状があり、主に脳の血管の拡張や首や肩の筋肉の緊張から起こります。
偏頭痛などの一時的な頭痛から、中には脳卒中などの
病気の前兆としての頭痛など、頭痛の原因は様々で複雑です。

一時的な頭痛は偏頭痛、緊張性頭痛が代表的なものであり、
ストレスや筋肉の緊張や目の疲れなどからこれらの頭痛が引き起こされます。
最近では群発頭痛になる人も多くなっています。
病気や怪我で引き起こされる頭痛には、
頭部の外傷が原因のもの、脳出血や脳腫瘍が原因のものなどがあり、
これらは命に関わる危険性があります。

頭痛が起きたら、市販の鎮痛剤を使う、静かな場所で休む、
マッサージや温めることで血行を良くするなどを行うと頭痛が治まります。
頭痛以外にも手足のしびれ、ろれつが回らない、高熱、酷い痛みが続く、
などの症状がある場合は病院に行った方が良いでしょう。

カテゴリー : 疲れの種類と原因