疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

足の疲れ

足は体の一番下にあるために、
血液が滞りやすい場所であり、疲労物が溜まってむくんで
疲れやすいところです。また歩いたり走ったりして
いつも以上に足を動かした場合も筋肉の疲れとして足が疲れます。

疲労から足が疲れる場合やむくみなどが原因の場合、
また土踏まずのバランスが悪くても歩くと不安定なので疲れやすいです。
足が疲れたと感じた場合は、マッサージする、温めて血行を良くする、
足の裏のツボを刺激するなどの方法が効果的です。
また時間があるならゆっくりお風呂に入るのも良いでしょう。

足がむくんで疲れるという場合は、
そのむくみの原因を取り除いた方が、足の疲れを無くすには良いでしょう。
むくんでいれば一時的に疲れが取れてもすぐにまた足が疲れてしまいます。
また普段からの姿勢も座るときは足を組まない、締め付ける靴を履かない
などを行った方が良いです。

カテゴリー : 疲れの種類と原因