疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

睡眠

疲れをとるには睡眠が一番効果的です。
睡眠では体の疲れをとり、成長ホルモンによって
損傷した筋肉や皮膚を修復する役割があります。
もう一つ重要なのは睡眠では脳みそも休めることができます。

人によって適切な睡眠時間は決まっていないので、
何時間眠らなければいけないということはなく、6時間でも8時間でも構いません。
睡眠には体の疲れをつるだけではなく、日中に活動していた
脳を休めて整理する役割もありとても重要です。

睡眠は眠る時間の長さではなく質の方が重要です。
どんなに長く眠っても眠りが浅ければ疲れは完全にとれず、無駄に長い睡眠は
かえって体を疲れさせてしまいます。
深い眠りを得るためには寝る前の食事や過度の運動は避ける、
眠る前にカフェインやニコチンの摂取はしない、毎日規則正しい時間に眠って
体のリズムを乱さないことが大切です。

眠れないときは睡眠薬やアルコールを使うことも効果がありますが、
頼りすぎると依存してそれらがないと眠れなくなってしまうので気をつけましょう。

カテゴリー : 疲れの回復方法