疲れたときの回復方法

疲れたときの回復方法です。

食べ物

疲労回復には日々の食事も大切です。
カロリーだけではなく栄養バランスなども考えて食事をして、
疲労物質を溜めにくい体を作りましょう。
また食べ物でスタミナをつければ疲れにくい体にもなります。

体が重く感じられるというようなことが無いように、
代謝の良い体を作ってだるさを感じないようにするべきでしょう。
食べたものを効率よく消化吸収して体内の栄養素にして、
毎日の活動で溜まっていく老廃物も効率よく体外に排出できるようにしたいものです。

うなぎやにんにくはビタミンB1を豊富に含んで体の効率よく栄養素になります。
昔からスタミナのつくと言われている食べ物は、やはり疲労対策にも良いのです。
疲れをとるならクエン酸がオススメです。体内に溜まった疲労物質を
早く体外に出してくれます。クエン酸はレモンやグレープフルーツや酢などの
酸っぱい食べ物に豊富に含まれています。

このように食べ物で考えるのも良いですが、
まずは日々の食事を見直して、栄養バランスが良いかを考えるべきでしょう。
その上で疲れに効く食べ物を食べた方が良いでしょう。

カテゴリー : 疲れの回復方法